Lean Canvas

リーン・キャンバスとは、 Running Leanの著者 Ash Mauryaが考案した

スタートアップビジネスモデルのビジュアル化するためツール

ビジネスモデル・キャンバスの派生版で、顧客視点を強化したフレームワーク

初期に最も重要で、最も難しい部分をしっかり固めます。

顧客インタビューや課題ヒアリングなどを

通じて、①/②/③を高速に検証。

仮説→検証→仮説→検証を繰り返して決めていく。


1. 課題

事業の土台は課題解決です。解決すべき課題について書きましょう。その課題の代替手段も考察すると、課題をより捉えやすくなります。課題を上手く捉えられないという方には、「ジョブ理論」がおすすめです。『人は、特定の状況でジョブ(課題)を解消するために、サービスを雇う』というジョブ理論の捉え方は、本質的な課題を探求するために有用です。

2. 顧客

その課題を抱えている企業や人について考察します。ざっくりとしたセグメントだけではなく、最初にお客さんになってくれそうな人(アーリーアダプター)を、身近な人物などを参考にしながら、具体的想像できる人物像として描くことが大切です。

3.価値

課題解決に対して提供できる価値を記載します。『最大のポイントは何か?』『顧客がお金を払いたい価値なのか?』を考えます。

4. 解決

価値提供のソリューションを記載します。商品の機能や特徴についてのアイディアをまとめます。課題の検証フェーズでは、課題そのものが正しいか検証できていないため、詳細にまでこだわる必要はありません。

5. 販路

顧客にリーチするチャネルを記載します。スタートアップ時は、最初の100人(アーリーアダプター)にリーチする安価なチャネルについて考えましょう。

6. 収益

売上形態と、大まかな市場規模を類推し、収益構造を検討します。顧客数と課題解決に費やしている現状コストから、算出することが可能です。どの規模の市場を狙うのかを明らかにします。

7. 指標

ビジネスを評価するための主要指標を記載します。活動評価の基準を設定する意味合いもありますが、『ビジネス成功のためのKPIは何か?』も探求していく項目です。目標を定めるためにも、現時点での指標を数値で設定することがポイントです。

8. コスト

ビジネス活動のために必要なコストを記載します。特に、初期費用の大きな投資が必要となるビジネスアイデアの場合は、重要な要素になります。

9.優位性

競合に対する優位性(強みや差別化ポイント)を記載します。競合を知り、自社のポジショニングを明確にしましょう。例えば、既存のチャネルやネットワーク、内部情報や顧客基盤などが優位性に成り得ます。これは事業を拡大していく段階で重要な視点なので、アイデアを着想した段階で埋められなくても構いません。


リーンキャンパス の書き方 

1.課題:ターゲットセグメントに対して、解決するべ き上位1〜3位の課題を記述する

2.顧客セグメント:ユーザーを特定します。どういったアーリーアダプターがいるかを明確にする

3.価値提案:提供するプロダクト・サービスで、どういった価値を提供するかを書く

*初期はこの3つが最も重要である。

4. ソリューション:課題が存在するかどうか検証をしていないので、ソリューションは現時点で想定できる簡素なものを書く

5. チャネル:初期のスタートアップにおけるチャネルとは、それほど選択肢はない。自分が直接話ができるユーザーをどうやって集めることができるかが重要

6. 収益モデル:最初はあまり意識する必要はありません、プロダクトは無料で提供するのではなく、値段をつけて販売するようにする

*プロダクトリリース後は変更されるので、簡潔に書く